カテゴリ:写真ゼミ( 9 )

ロハス・ムーン 小原孝博写真ワークショップ(5回目 最終回)

<5回目>

10月4日(日)が最後のワークショップでした。

今まで2Lで出していた写真でしたが、最後でもあるし、ちょっと写真展を意識して、六切りの大きさで持っていきました。

前回プリントでトラブルがあって出せなかったモノクロのシリーズと、カラーのものを幾つか。

最後なので、自分らしいものというとこれかなあというセレクトで。

先生からは、品があって安定していますね~との評をいただき、恐縮(^.^;

褒めて伸ばしますよ!と最初に言われたのですが、おだてると木に登る申年の私(笑)

とにかく、とっても楽しいワークショップでした。


技術的にわからないことがある人はもちろん教えていただけるのですが、あとは、撮ってきたものをどう組み合わせるかというところに重点を置いて指導されていたように思います。

初心者でも、組み合わせの妙があって、ちゃんとストーリーになっていく。1枚で完成した写真だけじゃないおもしろさがありました。

今の年齢だからこそ撮れる写真、あるいは、若い年代だからこそ撮れるものっていうのがあるんですよね。

その視点の違いや、惹かれるものの違いなんかが顕著に出ていて、本当に十人十色だなあ~と思って見ていました。

どれがいいとか悪いとかじゃなくて、それぞれにおもしろさがある。

ワークショップのいいところは、やっぱりここだよなあ。


b0287453_22433263.jpg




More
[PR]
by penta-photo | 2016-01-12 22:33 | 写真ゼミ

ロハス・ムーン 小原孝博写真ワークショップ(3・4回目)

<3回目>

8月30日(日)は既に3回目。

やっぱり写真を始めて間もない人に顕著ですが、写真がどんどん変わっていきますね~。

人のことを言ってる場合じゃないんだけど(笑)

人の写真を見ることで、吸収していくものが多いんだろうと思います。


前回出された課題は、なかなか難しかったです。実習はないので、自分で撮りに行かないといけません。

ちょうど夏休みを取ったので、新宿あたりで昼間スナップしたり。

久しぶりに5Dに40ミリをつけて撮ってきました~。

しかし、暑い中だとなかなか集中力がもたないですな。

吹く風に少し秋の気配も感じつつ、とてもお天気がよかった日だったので、気持ちよくスナップしてきました。


この日に見せていただいた写真集の中に、米田知子さんのものが。

自分も持っているものですが、以前、写真家の内藤さゆりさんをナビゲーターに、東京都写真美術館で、
米田さん御本人の解説つきで展示を見る&お食事会つきワークショップを受けたのですが、
大変聡明で知的な米田さんとお話できたことは、貴重な経験でした。

その時の写真集なんですが、今見て改めて思い出して、以前見たものが間違いなく自分の中に蓄積されているんだなあと実感した日でした。


b0287453_22195601.jpg
                         (EOS・M3)




More
[PR]
by penta-photo | 2016-01-11 22:28 | 写真ゼミ

ロハス・ムーン 小原孝博写真ワークショップ (1・2回目)

昨年、ロハス・ムーンの写真ワークショップに参加しましたので、その記録です。
いつも更新が半年おくれくらいで、申しわけない。((+_+))

<1回目>

2015年7月26日(日)から、小原孝博先生の写真ワークショップに参加しました。

第1回は、自己紹介と、さっそく持参したプリントを並べて、みんなで感想を述べます。

基本的に褒めて伸ばします!との小原先生の言葉に、ホッとする人、多数(笑)

今まで撮ってきたものを持っていったので、A4あり、2Lありでしたが、皆さんの感想を聞くのがおもしろかったです。

写真歴もバラバラで、カメラ買って半年です!という人から、買ってなかなか使いこなせていません~という方。

私と同じようにEOS学園で基礎を習って、作品研究に行って・・・というような方まで、いろいろ。

でも、どうやら2010年から写真を始めた私が一番写真歴が長いらしい。(^.^;


年齢も20代から40代までとバラバラですが、男性はお一人。あとは女性です。

カメラも、キヤノン、オリンパス、ペンタックスとバラエティーに富んでました。


真四角写真も持っていったのですが、それが結構評判がよく、じゃ、今度は真四角縛りやってみます~?と小原先生。

では、しばらく、真四角縛りで頑張ろう~。

b0287453_22185917.jpg



More
[PR]
by penta-photo | 2016-01-10 22:01 | 写真ゼミ

安達ロベルトゼミ(その6) 個人レッスン 日本写真学院

8月18日(日)は、個人レッスンの日でした。
お尻に火がつかないとなかなか腰を上げない私なので、プリントするのもギリギリ(笑)
前日はいつも夜更かしで、今回も午前4時までかかってしまった・・・・・。レッスンが11:30からでよかったよ。



一応、写真展の構成は考えてあって、核になる写真も決めてあるのですが、並び順とか、もっとほかに選択肢がないかとか、ロベルトさんに見ていただきました。



「ぺんたさんのことは全然心配していませんでした~(^-^)」と言われたのですが、私は心配だらけです!(^^;)



いやまあ、一応、締め切りというものがあるわけなので、そこから逆算して、いつまでに何をしなければならないかというのは自分なりに組み立てていて、その締め切りは守ってきたつもりなんですけど、写真のクオリティーというか、本当にこれでよいのかというのが、いまひとつ自信がなくて(^^;)



最初にテーマを決めて、コンセプトの核になる写真を持ってきたときも、「うん、これで行きましょう!」ってすんなり決まったので、ほ、ほんとにいいんですか~?みたいな(^^;)



これで壁一枚を埋めなければならないわけよね・・・・・と。



b0287453_22380491.jpg



小さなギャラリーですが、6~7メートルほどの壁が2面、もう少し短い壁が正面にあります。
壁をどう使うかも、出展する二人で決めました。



並べ方とかもアドバイスをいただきましたが、大体自分のシミュレーションしていた感じでしたので、ちょっと安心したというか。
あとは、最終セレクトは自分でしなければなりませんから、ギリギリまで悩みます。



More
[PR]
by penta-photo | 2013-08-19 02:57 | 写真ゼミ

安達ロベルトゼミ(その5) 日本写真学院

8月4日(日)、ゼミ最後の授業。



写真展に向けて、具体的に決めなければならないことを確認し、役割分担などについて話し合いです。



ちょうどロベルトさんご自身の写真展を学院のギャラリーでやっていたこともあり、会場にプリントを持っていって、光の当たり具合とか、どこの壁にするかとか、具体的なイメージを膨らませたり。



DM作成の手順なども決めて、あとはグループに分かれて、さらに細かいことについて話し合いです。



二人しかいないから、深縹さんとは大体事前に打ち合わせておいたので、すんなり決定。



自分のタイトルと、グループとしての写真展のタイトルも決まりました。



それから、写真展用のプリントを、大まかにセレクトして持って行きました。



まだプリントを詰めるところはあるけれど、大体の流れを見ていただく感じ。



流れとしては大体OKをいただいたので、あとは、個人レッスンまでにプリントの細部を詰める感じですね。



それから、ステートメント。
今までこういうの書いたことがないのですが、一応書いていったものを見ていただきました。



あとで参考になるサイトを教えていただきました。ふむむ、なかなか難しいねえ。



こんな感じで最後の授業は終了。



b0287453_22380465.jpg



More
[PR]
by penta-photo | 2013-08-15 08:00 | 写真ゼミ

安達ロベルトゼミ(その4) 日本写真学院

7月7日(日)が7回目のゼミ。七夕です~。



しかし、暑い日が続いていました。



この日も、プリントとブックについてのお話。実際に4Fのギャラリーを見ながら、写真展のイメージを膨らませたり。



そして、宿題である写真展観賞のそれぞれの感想を述べました。



ポイントはあるんだけれども、それぞれみんな違う写真展に行っていて、おもしろかったです。



私は、この前日に行ったギャラリーで、栗田紘一郎さんの大判フィルムで撮ったプリントに一目惚れして、ついに購入してしまいました(笑)



たかはしじゅんいちさん以来だなあ・・・・・。なんというか、引き込むものがあったんですな。



出会いだから、仕方ない(笑)



b0287453_22380341.jpg



                           (OM-D E-M5&14-150mm)



More
[PR]
by penta-photo | 2013-08-14 08:00 | 写真ゼミ

安達ロベルトゼミ(その3) 日本写真学院

5月5日(日)は、都合により、4回目と5回目のゼミが午前午後とありましたw



まずは、先日の宿題から。それぞれのキーワードに基づいて撮ってきた写真を並べたところ、ゼミ生の女性から「ぺんたさんの写真は、見ていると何か心がザワザワする」と言われました(笑)



そんな感想を言われたのは初めてだ!何か新鮮~。



どうも、どこかシニカル?な視点があるらしいwww



b0287453_22380362.jpg


                         (ゼミの内容と写真は関係ありません)



後でそれをEOS学園の写友に話したところ、納得するところがあるそうだ。



何というか、どこか冷めた目というか、ガラス一枚隔てたところから見ているようだと。



ま、確かに、それいけ熱血!なタイプではないので、そういうところが出るのかな?



出した写真は主にスナップでしたけど、自分でおもしろいと思ったものを出しただけなんだけど~www



あと、自分ではこれは地味すぎて作品とは言えないかな?と思った写真を、ロベルトさんは「これ、いいね」と。



撮った対象は地味な植物だったんだけど、自分の思いっていうか、撮ったときに、これ!っていう感情があったもののほうが、説得力があるのかもしれないと思いました。



さて、この日は、写真展のテーマについて。



いろいろな作家を例にとりながら、どのようにしてテーマを選んでいるのかのレクチャー。



そして、展示の仕方についても考えます。



この日から、9月に開催予定の写真展に向けて、具体的なことを考えていく過程に入りました。



宿題は、自分はどんな写真展にしたいかを考えて、サンプル写真を1~2枚用意すること。



それから、作家のトーンについてもお話がありました。



自分の写真の文体をつくっていく上で、作家のトーンに注目するのは大事なことだと。



私の文体(これこそ個性ってことですね)は、どういうところなんだろうなあ。



まだまだ手探りです。



でも、文体というのは、すぐにはでき上がらない、たくさんたくさん撮っていくうちにでき上がっていくものですよと。



だから、たくさん写真展を見たり、写真だけじゃなくて、いろいろなものを見て吸収することが大事なんだね。



More
[PR]
by penta-photo | 2013-08-13 08:00 | 写真ゼミ

安達ロベルトゼミ(その2) 日本写真学院

4月7日(日)は2回目のゼミでした。



前回の宿題のプリントを全部並べてみると、みんなそれぞれ個性がある(笑)



自分がどういうものに惹かれるのかというのがそこに出ていました。いや、おもしろかった。



新たな発見でしたね。みんなでディスカッションしつつ、ロベルトさんからも感想をいただきました。



そして、この日は「光を読むこと、色を感じること」がテーマです。



いろいろな作家の写真を見ながら、光や色について講義があり、自分はどういうのが好きか考えてみる。



表現にも本当にいろいろあるんだな~って。
今まで余り写真家って知らなかったので、ここで知った人もたくさんいました。



そして、今回の宿題は、前回の「象徴化」を意識しつつ、今度は光、色に重きを置いた課題です。



ある課題に沿って撮ることが一つなんですが、なぜそれを撮ったのかを説明できるようにとのこと。



この課題は、まず撮ってみて、それはなぜなのかを考える、の繰り返し。
そこに一つの道筋ができてくると、自分の中ですとんと落ちる感じがありました。



b0287453_22380372.jpg


                       (ゼミと写真の内容は関係ありません)



More
[PR]
by penta-photo | 2013-08-12 08:00 | 写真ゼミ

安達ロベルトゼミ(その1) 日本写真学院

3月末から、日本写真学院の安達ロベルトゼミに通っています。
全8回のゼミ+個人指導、そして最後はゼミ修了写真展がついたコースです。



なぜこのゼミを選んだの?とよく聞かれるのですが・・・。
一言で言うと、自分の個性とは何か、を探ってみたかったからかな。



今まで、自分の好きな写真、あこがれの写真を目指して、あれこれやってきました。
でも、自分らしい写真と言われると、はて、何が私らしいのだろうか?と。



これは、自分とは何なのか、という問いにつながるかもしれません。



写真は自分の内面が写るといいます。



いろいろな先生方にもよくそう言われますし、撮ったとき、こんなふうに感じていたんじゃない?とバッチリ指摘されることもありました。



なんだ~、ホントにバレバレで恥ずかしいな~と思ったり(笑)
でも、よく考えると、自分では自分のことがわからない。



昔から個性的という言葉とはほとんど無縁な人生だったので、私らしさとはなんぞや、という沼にはまってしまったというか(笑)



どうしたら、私らしい写真が撮れるんだろうか。



実は、以前からこのゼミには興味があって、チェックはしてたんです。
修了展で見に行った作品に感銘を受けたこともありました。



それで、学院のHPを見てみると、安達ロベルトさんのゼミは、技術的なことよりも、自分らしさ、個性の発見ということに主眼を置いているように感じました。



だから、写真に対して今までと違うアプローチができるんじゃないかと思って、受講することにしたのです。



b0287453_22380338.jpg



                     (ゼミと写真の内容は関係ありません)



More
[PR]
by penta-photo | 2013-08-11 23:22 | 写真ゼミ

~写真を楽しむ日々~


by ぺんた
プロフィールを見る
画像一覧