お花撮影テクニック講座 2011・10 その4 (最終講評)

さて、少し間があいて、お花講座の最終回、4回目は、11月9日(水)でした。



仕事が立て込んでいて、ヒヤヒヤしたんですけど、何とか間に合いました。



前日の8日は、仕事でEOS学園のプリント講座に行けず。(-_-)
やはり火曜日は鬼門だ・・・。



前の週ならヒマだったんだけど、なかなか予定が読めないんですよねえ。



4回目は最終講評です。
最大5枚提出とのことだったので、今回は5枚持っていきました。



今回も補習はできなかったので、実習のときに撮ったもので。



(1)



b0287453_22372030.jpg





コスモスです。12mmで撮影。



並木先生の第一声は、「ぺんたさん、惜しい!ここ要らな~い(笑)」



下の方の花は入れない方がいいとのこと。



逆光で、なおかつ太陽を入れようと頑張ってみたのですが、寄れそうで寄れない12mm。
これでも最短まで寄っています。
背景のボケの程度はいいのですが、太陽を入れるなら、もっと絞ると光芒がキレイに出るそうです。
絞っても、背景と距離があれば、全部にピントが合うことはないからと。



太陽を入れないなら、このままの絞りでも構わないそうです。



でも、12mmで被写体を探すのはとても難しいので、きょうはこれで!と意気込むと、被写体が見つけられなくて、自分がヘタになったんじゃないかと落ち込むので、これだという被写体が見つかったら、レンズ替えればいいんですよということでした。



(2)



b0287453_22372009.jpg


次もコスモス。同じく12mmですが、これはアートフィルターのファンタジックフォーカスを使い、なおかつスターライト効果っていうのを入れてみましたw



光が強く当たっているところは、キラキラ効果が出てきます(笑)



ふざけてるって怒られないかな~と思ったんですけど、実習中に先生が、木を撮ってもこんなキラキラができるんだよ~とおっしゃったんで、使ってみましたw



ただ、普通に撮っただけだとつまらないから、端の花にもっと寄れば、キラキラの中にひとつ花が浮かび上がるようにできたねとアドバイスをいただきました。



たまにはこうやって遊ぶのもいいでしょう、写真は楽しく撮らなきゃね!との評でしたw



(3)



b0287453_22372002.jpg



こちらが問題の(笑)朝顔。40-150の望遠で撮っています。



ここから撮れば前ボケが入れられるよと教えていただいたんですけど、花の左上の暗いところを入れたのは×。
「オレが撮ったのは、ここ入れてなかったでしょ?」
そのとおりでした。



そして、もっと小さく花を配置して、撮る高さを変えると、下のボケがもっとたくさん入って、朝顔の汚いところを入れずに済むと。
つい望遠で大きくしちゃったんですが・・・(^^;)



先生と同じところから構えても、切り取るところが違うと全く違う作品になってしまいます。



難しいですね。(^_^;)



(4)



b0287453_22372096.jpg



4枚目は、パナソニック45mmF2.8マクロで。



花を真上から撮ったのですが、ちょうど下のところに日が差していて、丸ボケの背景にすることができました。
ピントを一番先に持ってきたのだけど、先生は、ピント位置をいろいろ変えてみたらおもしろかったかもと。
先端だけに合わせるのは大変だけど、光が背景だから、横の部分にピントを持ってきてもおもしろかったかもねとのことでした。



その3の記事に、ピントをずらしたものを載せましたが、あれを撮った時にはもう光線が変わってしまっていて、背景に丸ボケができなかったんですね。



惜しかった・・・・・。



(5)



b0287453_22372080.jpg



最後も12mm。これは1回目の実習の、雨の後に撮ったもの。
水たまりに映った木ですが、アートフィルターのクロスプロセスをかけています。
木の幹のところに模様みたいに写っているのは、水たまりの土の部分です。
クロスプロセスをかけたので、色もちょっとおもしろい効果が出ました。



水たまりに映った被写体を見つけたのはよかったということと、キレイに撮れているねという評でしたが、ピント位置をいろいろ変えてみるとおもしろいかもとのことでした。



                        [E:maple] [E:maple] [E:maple]



2010年春に初めてオリンパスで並木先生のお花講座を受けて、秋に2度目。



ことしの春は震災が起きて撮影1回で中止になったので、オリンパスでは、講座3度目にして、初めて銅賞をいただきました♪



(4)の写真です。



まさか賞をいただけると思ってなかったので、とてもうれしかったです。



いつも並木先生の講座では、金賞はとにかく素晴らしいもの、銀賞はオリジナルな視点のあるもの、銅賞は新人賞みたいな感じなのかなと思っているのですが、今回は「スランプ脱出して頑張ったで賞」ってことでいただけたのかなと思ってます。



ありがとうございました♪



並木先生の講座に来ると、初心に立ち返るというか、カメラを初めて手にしたころのことを思い出します。



いろいろ勉強してきましたが、基本は、自分が好きだと思える写真を撮れるようになること、それに尽きるなあとしみじみ思う、きょうこのごろです。








by penta-photo | 2011-12-13 12:00 | 花撮影・マクロ講座

~写真を楽しむ日々~


by ぺんた
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る