お花撮影テクニック講座2012(エピソード2) その4(最終講評)

さて、5月10日(木)がお花講座の最終講評でした。



実は仕事が立て込んでいたので、もしかしたら行けないかもと覚悟を決めていたのですが、これでまたオリンパスのお花講座はしばらくないだろうし、最終講評はやっぱり行きたいな~と悩みに悩んで、前日に職場のキャップに、20時くらいに帰りたいとご相談。



多分20時くらいならめどがつくだろうから、帰っていいよとお墨つきをいただいた♪



鬼のように仕事を片づけて(笑)、最後の30分くらいは講評に出席できました。



これがEOS学園だと始まる時間が早いから出席できないんだけど、オリンパスの講座は9時までやってくれるのがありがたいんだよねえ。



提出したのは次の5点です。



(1)椿



b0287453_22374055.jpg


こちらは、新宿御苑の実習のときに撮ったもの。



アートフィルターのジェントルセピアにピンホール効果をプラスしています。



先生は、「きったないところを絵にするのがうまいねえ~(笑)オレにはこういうのはできないな」とw



実際、落ちた花で、茶色に変色してしまっているんですが、白く見えるところは、まだきれいなピンクなんですね。



左下にある濃い目の花は、花びらはきれいなままでしたが、既に真っ茶色になっていました(笑)



特に演出したわけじゃなくて、そういうふうに落っこちてたんですよw



下が枯れ葉だったのですが、「明暗の差があるところで、ジェントルセピアを選んで、茶色のグラデーションにしたことがよかった。アートフィルターをうまく使えてるね」という評でした。



実は、キヤノンのソフトDPP(Degital Photo Professional)で調整して、花びらの余りに汚いところは、ごみ取りしてキレイにしています(笑)



ちょこっとお化粧させましたw



これは、ほかの皆さんも「いいね~」と言ってくださる方が多くて、うれしかったです。(#^.^#)





(2)シダとツツジ



b0287453_22374043.jpg



こちらは、雨の後の昭和記念公園で撮ったもの。



連休に自主練しました。
12−50の25mm(換算50mm)で撮っています。



上のほうの木の部分と、向こうに見える橋が入らないように、カメラの位置を工夫してフレーミングするとよかったとの評でした。



ぬぉ~、そこまでは気がつきませんでした・・・。
赤と緑だけで構成できたらよかったねとアドバイスいただきました。



(3)スギナの水滴



b0287453_22374019.jpg


これも昭和記念公園の自主練で撮りました。



スギナについた水滴を撮ったものですが、ドラマチックトーンのモノクロですが、これは先生から、「ごまかしてる」とダメ出し(^^;)



「やっぱり緑についてたほうがキレイだよ~」と。



下が枯れ葉で、緑じゃなかったので・・・と言うと、「そういうときは撮らない!!」



ハイ・・・(^^;)



撮ったときは、自分ではモノトーンのキラキラがいいなーと思ってたんですがね~(^^;)



難しいものです。



(4)プラタナスとイチョウの木



b0287453_22374016.jpg



こちらは、御苑の実習時に撮ったプラタナスとイチョウの木。



新緑がとてもキレイだったので、何とかこれを絵にできないかな~と12mmでフレーミングしてみましたが、何かバランス悪い。



先生は、「幹の太さが違うから、バランスが悪いんだよ。太い幹の木を中心に配置するようにするとまだいいけど、この木は枝ぶりもよくないね。バランス悪いな~と思ったら、ここでは撮らない!」と。(^^;)



何でバランス悪いのかなあと思ったけど、幹の太さとは・・・。



(5)菜の花と木



b0287453_22374065.jpg



最後はモノクロですが、モノクロモードで、アートフィルターのクロスプロセスをかけています。
これを和紙に印刷しました。



ほかのはキヤノンのプラチナグレードを使っていますが、これだけピクトリコの和紙を初めて使ってみました。



今まで紙はプラチナグレードで統一してきたんですが、木のざらざらした質感を出すには、和紙のほうがいいかな~と思って。



先生はまたまた、「汚いっていうか、地味なところを絵にするのが本当にうまいね~。オレにはできないな。こういうところに目が行かない」と。



「こういうところを絵にできるっていうのは、すごいことなんだよ」



そして、「菜の花は、モノクロで色が出ているわけじゃないので、なくてもよかったかも。そう言われると、ここだけ浮いて見えない?」と。



「主題になるものがなくても、ここは木の肌と下の草で十分かっこいいよ」と言っていただきました。
そう言われると、そういうふうに見えてくるから不思議ですね。



ポイントになるものがないといけないかなと思ってきたんですが、そうじゃない表現もアリなんだな~と。



先生は全体として、「このごろ、見るところが変わってきたね。視点が変わるというのはそうそうできることじゃないので、いいことです」と褒めていただきました(^^)/



確かに、今まではいかにきれいなところを探すかという感じでやってきたんですが、木や草とか、落ちている花とか、違うものに目が行くようになったなーと最近感じています。



きれいな花ももちろんチェックしているんですけどねw



オリンパスのお花講座レポは、これでおしまいです。



そして、今回は、何と(5)の菜の花と木の作品で銀賞をいただきました!(^^)/



やった~ヽ(^o^)丿



金賞はTRIPさん。秋の講座に引き続き、2連覇ですよ~。
すごい!



講評は間に合わなくて聞けなかったんですが、作品を見せていただいたら、すごく独創的で、ライトを使っているそうなんですが、どこがどうなってこうなっているのかよくわかりませんでしたが、さすが光の魔術師ですねえ~。



やはりキャリアが違います!



銅賞はケースケさんで、ケースケさんらしい、色がとてもキレイなお写真でした。



フォトブックの割引券をいただいたので、夏に時間があれば、少しまとめてみようかなあ・・・・。



以上で終了です! 









by penta-photo | 2012-05-22 08:00 | 花撮影・マクロ講座

~写真を楽しむ日々~


by ぺんた
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る